司法書士事務所JLOブログ!→JLOホームページはこちら

司法書士事務所JLOのブログです。
日々の出来事を気ままに書き込んでます。

<< 相続・遺産分割・遺言・贈与のことなら大東の司法書士事務所JLO川村常雄事務所へ | main | 相続・遺産分割・遺言・贈与のことなら大東の司法書士事務所JLO川村常雄事務所へ >>
相続・遺産分割・遺言・贈与のことなら大東の司法書士事務所JLO川村常雄事務所へ

JLOオフィスブログをみてくださり誠にありがとうございます。

 

今日の大阪のお天気は今のところ晴れ☀、気温は25℃、今日も

暑くなりそうなので、水分補給等で熱中症対策をして楽しい一日

を過ごしましょう。

みなさまのお住まいの地域はいかがですか❔

 

さて今日は、前回に引き続き

 

『相続財産管理人ついてQ&A』

 

についてお話しをしていきたいと思います。

 

その第5回目です。

 

Q5 申立費用について

 

(1)費用はいくらかかりますか。

 

 相続財産管理人選任申立ての場合、

  申立手数料として収入印紙800円

  分のほか、郵便切手2000円程度

  と官報公告料4000円程度が必要

  です。

 

  また、その後の官報広告料や相続財

  産管理人の報酬を含む管理費用の財

  源のために、原則として予納金の納

  付が必要です。予納金は個別事案ご

  とに判断されますが、100万円以

  下となるケースが多いです。

 

  なお、申立時に判明している財産と

  して預貯金等の流動資産が多い場合

  には、予納金の額は低額になる可能

  性があります。

 

  郵便切手の額やその内訳、予納金等

  については、Q4の大阪家庭裁判所

  のホームページで確認されるか、家

  庭裁判所にお問い合わせください。

 

(2)申立てにかかった費用を相続財産

   管理人から返還してもらうことは

   できますか。

 

 申立てに要する費用(収入印紙、郵

  便切手、官報広告料)については、

  相続財産に関する費用に当たるうえ

  (民法885条)、共益費(民法306

  条1号、307条1項)に当たるとも考

  えられるので、請求をすれば管理財

  産から優先的に変換してもらうこと

  ができます。

 

  予納金や郵便切手については、上記

  の管理費用を支出した後に、残額が

  ある場合には、返還してもらうこと

  ができます。

 

「相続財産管理人についてQ&A」大阪弁護士会発行の

パンフレットより転載しております。

 

とにもかくにも悩む前に専門家に相談

することがあなたの安心の創造の一番

の近道です。

 

相続・遺産分割・遺言・贈与のことなら

40年以上の豊富な経験と実績のある大東

の司法書士事務所JLO川村常雄事務所へ

ご連絡をお待ちしております。

 

 

筒井好博

 

大阪府大東市曙町3番8号

(大東市立市民会館西隣)

司法書士事務所JLO

川村常雄事務所

TEL 072−874−3308

 

| jlodaitou | 相続・遺言 | 09:48 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ